リコーティング


 9月中旬、防府ゴールデンボウルの荒瀬プロ指導のもと、リコーティングを行いました!

リコーティングとは、レーンの表面に塗ってあるコーティング剤が古くなって凸凹になっていたり、コーティングはげたり、そういう箇所を削って新しくコーティングをしなおす作業です。ボウリング場はレーンが命!!なので、リコーティングは欠かせない大事なメンテナンスなんです!

←レーンの表面の

コーティング剤を削る、林副支配人。

 

木くずがすごく、マスクは欠かせませんでした。

後に、次の日まで頭が痒かったそうです…。

 

       スタッフ総出でやってます!→

 

コーティング剤を削ったら、掃除機で吸ってそれからさらにモップがけ。


←削ったあと!!

 

木くずで真っ白ですね~!


  削りカスをキレイにする山下くん→

 

  ここでキレイにしないと、

  コーティング剤が塗れないですよ。


 新しくなったレーンをぜひ投げに来てくださいね!!

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    のんちゃん (水曜日, 04 3月 2015 08:25)

    日々の清掃に加え、レーンの大がかりなメンテナンスありがとうございます。皆さまの苦労のおかげで美しくピカピカに光ったレーンで楽しくゲームしています。

  • #2

    管理者 (水曜日, 04 3月 2015 10:54)

    のんちゃん様コメントありがとうございます。
    大掛かりではございますが、お客様がボウリングライフが送れるように心がけております。 パークレーン宇部のレーンはウッドであり、生きた木を使用しているため、日々のケアーが無いと生きては行けません。
    今後ともパークレーン宇部をよろしくお願いします。
    遊びにきた際はスタッフにお声をお掛けください。
    心よりお待ちしております。

  • #3

    実力のない古株 (水曜日, 16 12月 2015 16:20)

    ご苦労様です!
    昔ならば、タップボールを投げると
    即”**レーンのお客様、タップボールにはご注意ください”との
    放送があったのですが。
    レーンは大切に使いたいものですね・・・
    一番困るのは2~3m位先で”ドカーン”それも毎回!!それとなく注意をして
    あげる人はいないのでしょうか?

  • #4

    実力のない古株 (水曜日, 30 12月 2015 05:50)

    ごめんなさい!
    ”タップ”ではなく”ロフト”でした。
    謹んでお詫びと訂正をいたします・・・・
    分かる人は既に文面から察しているとは思いますが・・・。